マキタレシプロソー JR184DZ ソロストーブ用薪づくりの強い味方

電子機器
スポンサーリンク

ソロストーブのキャンプファイヤーより小さいサイズで快適に焚き火を行うには市販の薪では長すぎるため、にぎり拳くらいの大きさに薪をカットする必要がある。

長細い薪なら短くする必要もないのだが細いと早く燃え尽きてしまうため燃料の補給が煩わしくなる。ちょっと太めの塊感のある薪を使うと長く安定して火力が得られるため煮炊きに便利だ。

【デイキャンプ】ソロストーブライトとコーヒーツーリング 2019.3.21
3月も終わりに近づくと日没が長くなり、5時ちょい過ぎまでなら余裕でデイキャンできるくらい明るくなっている。春分の日の本日はゆったりしならが午後3時過ぎに家をでて、いつもの場所へ。コーヒーを飲むためにわざわざソロ...

マキタ レシプロソー購入

いつも手鋸で短めの太い薪を作っていたのだが、いい加減面倒になったので以前から気になっていたマキタのレシプロソーを購入した。型式は『JR184DZ』

電圧が18Vのタイプで他の電動工具とバッテリーの併用が可能。これと一緒にコードレスの掃除機も購入した。バッテリーがいろいろ使い回せるのが電動工具の素晴らしいところ。

電動工具を使って楽をしたいってのもあったが、この工具の見た目がカッコよかったので買ってしまった。子供みたいな理由だけど、新しいおもちゃを買う瞬間はいつまでも心は少年のままなんだろうなと自分に訳の分からない言い訳をしながら購入ボタンをポチッとしていた。

マキタ レシプロソー

薪づくりには枝切り用の替え刃に交換が必要

最初からついてる刃は複合材用の刃の様で長さも短く薪をカットするには適していない。このレシプロソーは刃の材質を変更することで金属を切る事も可能。家の解体で木の柱とアルミサッシをまとめて切断するなんて使い方もできるマルチプレイヤーなノコギリなのである。

今回は薪や木の枝を切る用途のためホームセンターで替え刃を探したところゼットソーが発売している『Z レシプロソー替刃 枝切り用 210ミリ P3.0』という商品を発見した。いつも使っている手鋸と同じ刃の形状で『木の加工なら任せとけっ!』て感じが伝わってくる。

上:付属の刃 下:追加購入した枝切り用の替え刃

用途が異なるため長さがぜんぜん違う。枝切り用では結構太めの薪でも時間はかかるが切断することができた。

拡大図

取り付け部分の形状が同じであれば社外品の替え刃でも取付可能。

刃の交換歩法

ブレードの交換方法は超簡単。工具も付属しているので交換用のブレードさえ準備すればいろいろな材質に対して対応可能。

刃の交換方法
  • Step1
    工具の準備

    バッテリー取り付け位置の近くに六角レンチが付属しているので取り外す。

  • Step2
    ブレード固定ボルトを緩める

    先程の工具を使ってブレードを固定するためのネジを緩める

  • Step3
    レシプロソーブレードの固定

    ブレードをブレードクランプの奥まで真っ直ぐに差し込みしっかりと固定する

早速使ってみた

いつもの薪の配布場所で入手した生木とベランダで乾燥させていた太めの薪をカットしてみ。太めの薪(枝)だとそれなりに時間はかかるが、手鋸で同じ量を切ることを考えると圧倒的に早かった。

チェーンソーと比べると切断の速度は遅いが、レシプロソーは往復動作のため切粉の飛び散りが少なく服の汚れはほとんどなかった。固定が甘いとブレードの動きと同じ様に薪が動いてしまい思ったように切断できない。バイスか何かでしっかり固定できればよりサクサク切れそうな感じはあった。

マキタのレシプロソーでソロストーブ用の薪づくり
1時間程度の作業で手前のダンボール2箱の薪を確保した

バッテリーの容量と駆動時間

今回バッテリーはBL1860Lを使用したが、容量が多い分重くて腕が疲れてしまった。一時間作業してそろそろ電池切れかな〜とインジケータで確認すると半分以上の残っている。バッテリー先に人間のほうがヘタってしまったので作業は終了。思ったより長持ちするんですね。。。

作業時間が短くても良いならBL1830か1820の軽いタイプを選ぶのあり。

Z レシプロソー替刃 枝切り用 210ミリ P3.0 20103
●レシプロソー用枝切り替刃です。●【用途】●生木、枝打ち、果樹剪定。●【機能・特徴】●マキタ・日立・リョービ・その他の機種に対応します。●生木に特化した替刃です。●【仕様】●板厚:0.9mm。●ピッチ:3.0mm。●切り幅:1.18mm。●刃渡り:210mm。●【材質】●刃:SK5。●【商品サイズ】幅27×高さ226×...

コメント

タイトルとURLをコピーしました