【寝袋百日行】家で寝袋を使う【3ヶ月目】→6ヶ月突入

寝具
スポンサーリンク

2018年の12月末から始まった寝袋生活。気づけば3か月間寝袋で寝ている。そろそろ100日超えるので寝袋ライフについて書いてみる。→その後、6ヶ月が経過しました。ここまでくると1年中使える気がする【追記あり】

寝袋ライフの発端は妻が使っている化繊のワタ布団が暖かくないとのことで、僕が使っていた羽毛布団を貸したことが始まりになる。

同じタイミングでハイスペックなダウン寝袋を買ったこともあり、お気に入りの羽毛布団を妻に貸すことにした。そして僕はベットの上で寝袋を使うという雰囲気アウトドアなインドア生活が始まった。

モンベル ダウンハガー#0 購入と気温5℃のハンモック泊
ついに買ってしまった、モンベルのダウンハガー#0 人生初のダウン寝袋である。ず~っと欲しくて、ヤフオク見たりメルカリ見たりで散々迷った挙げ句ヤフオクの中古を購入した。数万円の高い買い物なので新品買って微妙だったらどうしよう。。。と...

使った寝袋

当初、ダウンハガー#0のみであったが途中からダウンハガー#3を追加購入したため現在は気温に応じて2種類の寝袋を使い分けてる。

ダウンハガー#0

自宅寝袋生活の主役はモンベルのダウンハガー♯0

800FPのこの寝袋はモンベルのラインナップの中ではハイエンドに分類される。コンフォート温度-10℃、モンベルのHPでは国内の3000m級の雪山で使えるとの記載がある。

いわゆるな寝袋なのである。かなり小さくなるくせに広げるとモコモコに膨らむ。しかも軽い!

モッコモコの寝袋をベットの上で使う

ダウンハガー#3

夏のキャンプと装備の軽量化を目的として『ダウンハガー800 #3』を途中から購入した。#0と比べるとかなり薄い。こんなので大丈夫か?と最初は不安であったが5月の連休明けくらいから暖かくなってくると#3で余裕で対応できることが分かった。

最初の一週間

最初一週間は寝袋慣れしていないので、緊張しながら寝ていた笑

キャンプで寝るときは暖かい格好で寝袋のファスナーはフルクローズ、寝袋フードを被り露出は極力減らす典型的な使い方で寝る場合が多い。

でもその寝方って確かに暖かいけど窮屈なんだよね。ただでさえ狭い寝袋で身動きが取れないなか顔も覆われて、、、

毎日寝袋を使うとなると汚れの対策も考えなければならない。ダウン寝袋は気軽に洗うことができないためできるだけ汚したくない。汚れとして気になるのは顔、頭、首からの皮脂汚れ。寒い時期は長袖、長ズボン、靴下と肌が露出するケースは少ないため、覆われていない顔周りなから汚れが気になるところ。

初めはバスタオルを頭に巻いたりといろいろ工夫していたが、顔の周りになにかあると寝にくいのでフードは使わず普通に頭だけを出して寝るようになった。家の中なので風もないし頭を出して寝ても全く問題ない。ちなみにフードは首の後ろにクシャッと丸めている。

汚れが気になるのでウォームアップシーツと併用

汚れ対策でウォームアップシーツを併用している。

モンベル ウォームアップシーツ購入
ダウンハガー800 #0 を購入して、ダウンの寝袋って洗濯が大変そうなので汚さないようにと思ってインナーシーツなるものを買ってみた。商品情報と仕様モンベルだけでも何種類かインナーシーツのラインナップがあるので事前に...

寝袋の窮屈さと寝返り

寝袋で気になるポイントとして窮屈さと寝返りが打てるかがある。

窮屈さに関してはモンベルの寝袋はストレッチするので僕の場合は全く窮屈さは感じない。窮屈具合は体格と寝袋のサイズも関係していて、体が大きい人ほど窮屈に感じる場合が多いだろう。

逆に小柄な人だと寝袋内に余分な空気の層ができてしまい、寝袋が温まるまでに時間がかかる。

寝返りは慣れてくるとコロコロできるようになる。最初の数日は身の預け方に迷いながら寝ているが、慣れると普通に横向きで寝れたりもする。

窮屈さや寝返りについては個人差・相性があると思うのでなんとも言えない。使ってみるしかない部分だろう。いきなりキャンプや登山で使って眠れないと悲惨なので、家で寝袋で寝る練習をしてみることも大切。

気温が上がって暖かくなると

1、2月の寒い時期はサイドのジップはフルクローズ、ネックバッフルを絞り気味で暖かい空気をできるだけ逃がさないように寝る。

少し気温が上がってくるとその寝方では暑いため、チャック少しあけネックバッフルの絞りを無くす。

更に暖かくなるとサイドジップ前回でサブウェイのサンドイッチみたいに半身を外気に当てながら寝るとちょうど良くなる。

キャンプ中に着込みすぎてオーバーヒートして起きてしまう時もサイドジップの開度で調整することになる。

寒くない限りはサイドジップで温度調整が行えるの便利である。

春先の使い方

春先の暖かい日はチャックを全開にして脚だけを突っ込み掛け布団のように掛けるだけの使い方もできる。

寝袋だからといって袋状に使う必要がないことを悟り、寝袋の汎用性の高さを実感した。

良いのか悪いのか分からないが、軽すぎるため体との密着が少なく若干涼しい感じがある。重い布団に安心感を感じることがあるが、たぶん体への布団の密着も睡眠に関する重要なポイントのようだ。

5月~7月 寝袋ライフ

5月以降の夜間でも20℃を超える気温になってくると寝袋なんていらないんじゃないかと当初は思っていた。実際は窓を開けて風通しが良くなると20℃でも体が冷えてしまう。流石に#0だと汗をかくほど暑くなるので、試しに#3を購入してみたところ適温でかなり快適に寝ることができる。このときも寝袋は掛けるだけ、ちょっと寒いときは脚だけ筒の中につっこむとかなり具合が良くなる。

ダウンハガー800 #3

夜でも30℃近い気温になると#3でも暑く感じる。そんなときはお腹だけに寝袋を掛けて熱がこもらないように調整をする。軽いのにで肌にまとわりつこともなく、暖かいor暑いシーズンでも意外と快適に寝ることができる。寝袋ってすごい。

7月〜9月 真夏の寝袋ライフ

7月過ぎると日中の気温が30℃を超えてくる。夜でも30℃を下回らない熱帯夜になるとさすがに寝袋は使っていられない。タオルケット一枚で過ごす7~9月は寝袋にとってのオフシーズンといえるだろう。

耐久性

3ヶ月も使うといろいろ劣化してくるので観察してみる

綿抜け

たまにダウンやフェザーが舞っていたりするが思っていたほど抜けない。どんどんダウンが抜けて最終的にはスカスカになるような現象を想像していたが全くそんなことはないので安心した。

さらに抜けたダウンを押し込む方法を習得したので、貴重なダウンを無駄にせず済む!

抜けたダウンを寝袋の中に押し込む方法』についてはまた後日書きたいと思う。

ネックバッフルの綿の片寄り

3ヶ月くらい寝袋を使ったある日、ネックバッフルの綿が片寄っているのに気づいた。

恐らくネックバッフルを紐で絞る時に、紐と一緒にダウンが寄ってしまったものと思われる。紐の絞り口の付近だけダウンがパンパンに詰まっていて『これはナニゴト??』と思ったらただの片寄りだった。

片寄ったダウンを均一に均すようにバッフルを揉んだであげればすぐに直る。

ネックバッフルのほつれ

初期の頃にネックバッフルを引っ張りすぎたのが原因だろうか?ほつれが発生していた。。。

このまま放置するとほつれが拡大しそうなので選択前に処置を行った。ほつれの幅は3,4cmで手縫いでちょいちょいやるだけで簡単に修繕完了。

寝袋 ほつれ
ネックバッフルの固定糸がほつれている
寝袋のほつれ修理
リペア完了

洗濯機でダウン寝袋を洗ってみた

寝袋を洗濯機で洗った方法を綴っています。浮いてくるのでちょっとしたコツが必要になります。

ダウンシュラフの洗濯方法 羽毛寝袋は洗濯機で洗えるのか試してみた?!
2018年の末から自宅でも寝袋で寝る生活を続けている。今ではモンベルのダウンハガー800の#0と#3を気温によって使い分けている。今回は半年くらい使ったダウンハガー#0の洗濯の様子をまとめてみる。ネットで調べてもキ...

寝袋を家で使うことの感想

総合的に寝袋生活は非常に良いと感じている。寝袋の窮屈さを気にしないキャンパーにはにはおすすめの就寝手段。

メリットデメリットを箇条書きにするとこんな感じだろうか。

メリット

  • 暖かい
  • 荷物が少なくすむ
  • 布団を干すのに比べて寝袋を干すのが圧倒的に簡単
  • 寝袋慣れしているのでキャンプの時でも違和感がない
  • 洗える

デメリット

  • 洗濯が面倒
  • 窮屈

ミニマリストではないが、『わざわざ新しい布団を買うなら家で寝るのも寝袋でいいかな』って寝袋ライフを通して思いました。ダウンハガー#0はオーバースペック過ぎるが、キャンプで寒い思いをすることはまずないので長く大切に使っていきたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました