【2019新モデル】モンベルのステラリッジが吊り下げ式に変更

スポンサーリンク

モンベルの2019年のギアカタログを見ていたら、ステラリッジが吊り下げ式に変更されているではないか!

昨年、旧モデルを買ってみてスリーブ式以外の使い勝手はおおむね満足していたが、スリーブ式でなかなかスリーブの中にポールが通らない点がとても不満だった。

特許取得を謳っていた『オートセットアップ スリーブエンド』の機能だがスリーブに入れづらいのは勘弁してほしかった。他社の類似の軽量テントのほとんどは吊り下げ式になっている印象があるので、このジャンルのテントの結論は『吊り下げ式』ということになるのだろうか。

ステラリッジ2型 組立レビュー
色々なキャンプ道具を使ってみて自分の中でのキャンプに対する方向性が見えてきたので、テントの買い替えを行った。設営簡単で便利なワンタッチテントを頻繁に使っていたが収納寸法が大きいためもう少し小さいものに買い替えをしたいと以前から思っていた。...

個人的には唯一の弱点を克服してきたので注目したいところ。機会があれば買い替えも検討したい。

吊り下げだと『グラウンドシートがあれば先にフライを被せてあとからテントを吊り下げる』ができるのだろうか?旧型はグラウンドシート+レインフライの組み合わせでシェルター運用が可能であった。

ステラリッジ2型 インナーテントを使わないシェルター運用をやってみた
ステラリッジを購入する前から気になっていた、インナーなしでシェルター化(自立タープ化)できる機能がある。グランドシートの四隅にポールを差し込み骨組みを建ててその上からフライシートを被せるというものらしい。キャンプでは未使用だがこの...

詳細はモンベルのHPからご確認ください。

【モンベル】ステラリッジ テント2 本体
長年にわたり、多くの登山家やアウトドア愛好家から支持されてきた「ステラリッジテント」。本体とレインフライの生地に新開発の素材を使用し、過酷な環境下で真価を発揮する世界トップクラスの軽量性と剛性を実現しました。独自の吊り下げ式構造が、強風時にも素早い設営を可能にしています。別売のフライシートやスノーフライ、グラウンドシー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました