ステラリッジ2型 インナーテントを使わないシェルター運用をやってみた

テント・タープ
スポンサーリンク

ステラリッジを購入する前から気になっていた、インナーなしでシェルター化(自立タープ化)できる機能がある。グランドシートの四隅にポールを差し込み骨組みを建ててその上からフライシートを被せるというものらしい。

キャンプでは未使用だがこの機能をどうしてもやってみたくていつもの河原にバイクで出撃した。

モンベル ステラリッジの自立タープ運用とは?

冒頭でも書いたがステラリッジはインナーテントを使わずシェルター(自立タープ)として使えるらしい。これはステラリッジの取扱説明書に実際に書かれている。この機能が気になって気になって仕方なかた。インナー無しである程度快適だったら超軽量化できるし、コットと組み合わせれば最強のUL装備じゃん!と思った。

▲グランドシートの説明書

  1. グランドシートを広げる
  2. テント本体のポールをグランドシートの4隅に引っ掛ける。
  3. フライシートをかける

※このあと写真でも紹介するがポールをクロスさせて固定する必要がある。それに使う紐の準備も必要になる。

▲完成イメージ

▲後ほど紹介するが、フライシートを引っ掛ける作業が思いのほか難しかった。。。

実際にやってみた

▲今回準備したアイテム達

  • ステラリッジ2型のポール
  • ステラリッジ2型のフライシート
  • ステラリッジ2型のグランドシート
  • ポール固定用の紐
  • 写真にはないがロープワークの本
  • 紐の調整をすると思ってナイフを持ってきたが使わなかった

▲まずはグランドシートを広げる。モンベルのロゴが上になるように広げると説明書には書かれている。

▲ポールを出して

▲組み立てる。クロスさせてグランドシート上に配置

▲グランドシートの端はこんなストラップがついてる。金属金具の穴の中にポールの端を差し込む

金具は2個ついているが、グランドシートから遠い端の部分は通常時。フライシートが雨で延びる場合は内側の金具にポールを挿入するらしい。

雨などでフライシートが濡れると多少伸びるらしく、ポールのテンションを高めるたポールの差し込み位置で調整しているようだ。

▲4隅を差し込むとこんな感じでポールが立ち上がる

▲ポールをの位置を保持するものがないため、バランスが崩れるとポールが倒れてしまう

そのため、ポールのクロスの位置で固定するようにと説明書に書かれいている

▲雑な感じがするがロープワークの本を読みながらクロス部分を固定してみた。ロープが長すぎたので切らずに適当に処理しているのはご愛嬌

▲ダイアゴナル・ラッシング(筋交い結び)をやってみたが4~5番あたりでよく分からなくなり挫折した。適当に処理したがかなりしっかりと固定できているのでクロスがずれそうな感じは全く無い。

適材適所でロープワーク使えるとイイよね!っていつも思うけど毎日使わないとなかなか覚えないのが現実

▲ポールの固定ができたらフライシートを被せる

フライシートが被さってそれっぽくなっているが、実際はかなり格闘している。なにが難しかったかというと、フライシート裏のコーティングが滑り止めの様になっていて2点を引っ掛けて3点目の隅を引っ掛けようとするとシートが全く伸びない+滑り止めのせいで説明書のようにフライシートの固定ができないのである。

【追記】あとになって気づいたのですが、購入したグラウンドシートが旧型のものでした。。。旧型とは寸法が異なるらしいので適合する型式を買えば問題なく使えるようです。。。恥ずかしい。。。

これでいいのか?と思いながら無理やり固定した。フライシートがこれ以上伸びないので生地がかなりパツパツな状態

▲説明書 やはり微妙に違う気がする ←お前が違うんだよと当時の自分に突っ込みたい

シェルターの使い勝手はどうだろうか?

実際にシェルター化してみると隙間が多いことに気づく。

▲レインフライなので裾があまり長くない。この状態だと豪雨の場合は雨風が吹き込む恐れはある。さらにさらに虫が入り放題なので虫が苦手な人はインナーテントを取り付ける通常の使い方がオススメ。

▲今回はペグを使用していない。ペグで前室部分をピンと張ればものを置くスペースを確保できる。これは通常のインナーテントを使う方法でも同じ。

▲フライシートだけだと日差しはある程度遮ってくるがちょっと暑い。連泊でもない限り日が昇りだしたら撤収開始するので問題ないが。お昼までテントとの中で寝たいとかであれば、風通しがよい場所でタープと併用するのがいいだろう。このテントで直射日光を受けると蒸し風呂の様になるのでお昼寝で使うのはオススメはしない。

▲寝っ転がるとこんな感じ 一人だと十分な広さ 設営ちょっと面倒だけど荷物を減らしたいキャンプツーリングで使うには良さそうなテント。

まとめ

ステラリッジのシェルター化は一応できたが、シート裏面の滑り止め加工(多分防水のポリウレタンコーティング)でフライシートを掛けにくいのが難点である。あとはフライシート下部の隙間が大きいのでそこから入ってくる雨風や虫を許容できるかがシェルター運用のポイントになる。

インナーテントをなくすだけでそこそこの軽量化と省スペース化ができるので、元々軽いテントを極限まで軽くしたなどの用途にはあっているのかもしれない。僕は虫が入ってくるので絶対にインナーテント使うが。。。

使う使わないは別として選択肢があることが大切だと思う。

シェルター化する前はワクワクしていたが実際やってみると大したことなかったのでちょっとがっかりしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました