スペシャライズド レンジエクステンダーを使う

自転車

レンジエクステンダーをお借りする機会があったので使用状況をまとめてみます。

装着車種はLevo SLです。
使用したシチュエーションはE-BIKEツアーに参加して、一般的には下るだけのトレイルをガシガシ登るため、バッテリーの容量に不安があったので保険としてレンタルしました。

↓Levoへの取り付けはこんな感じです。ドリンクホルダーにエクステンダーをセットします。

↓コネクタは強めに差し込まないと接続状態になりません。
初めに接続したときはコネクタの差し込みが不十分でエクステンダーが認識されていないようでした。
ケーブルが短くて差し込みににくいですが確実に押し込みましょう。
コネクタが外側に張り出すのですが、走行中に足にあたったりなどはありませんでした。

↓接続されるとエクステンダー分の残量が増えます!
 ・青色がLevo本体のバッテリー容量です。いつも見慣れているのはこれですね。
 ・緑色がレンジエクステンダーの残量です。初めてみたので興奮してしまいました!カッチョいい!

↓MISSION CONTROLアプリで確認すると残量が100%を超えています。エクステンダーの分が加算されていますね!
アプリから本体とエクステンダーのどちらから先に消費するかを選択できます。

↓エクステンダー接続時は充電キャップが開放状態なので砂埃が入りまくりです。
スペシャライズドさん、これは改善点じゃないでしょうか?
あと充電コネクタ&レンジエクステンダーのコネクタにロック機構つけて欲しいです。差し込んだときにカチッと感があるとわかりやすくて良いんですがねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました