【睡眠不足】個人的にキャンプで寝れない理由TOP3

雑記
スポンサーリンク

個人的にキャンプで寝れない原因は以下の3つである。

1 いびき

2 風の音

3 寒さ

 
 
 

眠れない理由第一位は『いびき』

寝れない理由1番目の「いびき」はここ2回のキャンプで立て続けに体験している。隣のバンガローの中で寝ている人のいびきが外に漏れ、朝まで寝付くことができなかった。。。

もう一つは隣のテントで寝ている人のいびきがうるさく、これも朝まで眠ることができなかった。どちらも朝の4時ぐらいになるといびきが静かになりやっと自分が眠れるようになる、しかしそこから寝始めるとすぐに日が昇ってくるため長く眠ることができない。。。

自己防衛するかいびきの元を叩き起こして寝ないで起きていてもらうかの2択になる。仲間内で「お前うるさすぎるから起きてろよ!」ってのはありかもしれないが、全く知らない隣のテントの人に「いびきがうるさいので寝ないで起きてていただけますか?」なんてことはなかなか言いにくい。(言えない) 夜中まで騒いでいる騒音と無意識のいびきによる騒音では後者は故意ではないため注意しにくい。(できない)

そうなると対策は耳栓が有効。自分にあった耳栓を買ってキャンプに臨むしかない。次回キャンプからは自己防衛のため耳栓を持参するようにしたい。

眠れない理由第二位は『風の音』

寝れない理由2番目の「風の音」についてもイビキと同様に音に起因する寝れない原因である。これも耳栓は有効なので耳栓があれば何とかなるだろう。また、風の音が気になる場合はテントやタープの張り方がイマイチで幕にたるみがあり風に煽られバサバサとうるさくなっていることが多い。風の強い日はタープを畳んでから寝る、テントの幕にたるみがないか確認するなども有効。

眠れない理由、第三位は『寒さ』

寝れない理由3番目の「寒さ」についてはよく言われるような「寒くて朝まで寝れなかった。。。」現象である。これについては暖かい格好をすることや寝袋のグレードを上げることで対策が可能。車でキャンプに行くときは毛布や寝袋2重など十分な装備を持っていくため寒くて困った経験はほとんどない。むしろ気温がマイナスでも寝袋の中が熱くなりすぎて寝袋のチャックを少し開けて寝ることが多い。体が暖かくても足先がなかなか温まらないことがあるためモンベルなどから出ている「フットウォーマー」も良さそう。まだ持っていないため次のシーズンから導入予定。

所感

キャンプ2回連続で寝れないのには参った。。。普通に生活していて一緒に寝るのは嫁だけなので、「いびき」に無防備過ぎた感じはある。今回のいびきは自分の想像を遥かに超える破壊力だったため次回からはしっかりと対策をしていきたい。100円ショップでも耳栓は売っている。エマージェンシー対策として常に携帯しておくべきだと痛感した。

追記

イビキのトラウマもあり耳栓を購入してみた。家の中での使用感はまずまず国道沿いに家があるが、夜中に走る車の走行音をかなり軽減してくれる。

夜の静かなキャンプ場でイビキ攻撃にあったため、ここぞとばかりに耳栓を装着。しかしその夜のいびきに対しては効果が少なく眠れない夜を過ごすことになった。。。イビキ恐るべし。。。

根本的な問題として慣れない環境だとうまく寝ることができないのだと思う。どんな場所でもすぐに寝てしまう人もいるし、そんな人はいびきだとか風の音だとか全く気にせず寝ることができるんだと思う。耳栓使って対策をするか、自分自信の環境への適合性を高めるアプローチもありかななんて思っている。

寝る力を鍛える?! そんなことも可能なのだろうか???

コメント

タイトルとURLをコピーしました