『サバイバル登山入門』 服部文祥

スポンサーリンク

ハンモックキャンプを極めるべく、軽量装備やテクニックについて調べていたら出会った本。著者の服部さんの思想やアウトドアスタイルに衝撃的を受け、『この本ヤバいな!』と思いながらついつい買ってしまった。

『サバイバル登山入門』は入門と銘打っているが、この本を読んで服部さんと同じことをやろうと思う人がどれだけいるかは疑問。やっていることが究極すぎて入門するための門が狭すぎる感じだ。

サバイバル登山そのものは誰もが真似できるものではないが、本の中で紹介されているサバイバル登山のための装備やテクニックについてはとてもに参考になる。いわゆるサバイバル中の『衣食住』について解説されている。図や写真が多く分かりやすいため、入門書というよりは一つの読み物として楽しく読むことができる。

『衣』についてはサバイバル登山で実際に使っている装備とこだわりのポイントなどが解説されている。

『食』については狩猟や釣り、きのこ、山菜、米の炊き方、鹿の解体など現地でメシを食うための様々な方法が紹介されている。食に関する項目に割かれているページ数がもっとも多い。

『住』については野営地の選び方、タープの張り方など。梁となるロープを張ってそこにタープを設営する手法はハンモック泊で応用がききそう。改めてロープワークは必須スキルだと感じた。

いい意味での『やばい人』とはまさに服部さんのことだろう。突き抜けているから誰よりも面白く誰よりも魅力的に感じる。早速、服部さんの別の本も注文した。到着が待ち遠しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました