陣馬形山キャンプ 2019.3.9

キャンプ場

今年も陣馬形山キャンプに行ってきました。

最近は人気のようで夏場は大混雑になりとても行く気ににはならないキャンプ場なんですよね。。。寒くなって雪が少し積もるくらいになると人も減ってくるので過ごしやすくなります。

今回はまったく雪がなかったのでキャンプ場までの道は安心して通れました。一部通行止めの道があるので開通したら人が増えそうな感じですね。

山頂から中央アルプスを望む

天気は土曜日の日中は晴れていて、夕方辺りから曇りだした。今年は例年と比べて雪が少なく山の白さが足りない。

通称”パクリオン”

テントは広々使えるパクリオン。設営、片付けが大変だが中が広く料理〜就寝まで余裕を持って行える。

陣馬に来た時はいつも風が強く、この日も例に漏れずずっと風が吹いていた。風が強すぎてテントが飛んでいくんじゃないかとヒヤヒヤしていたがとりあえず朝まで頑張ってくれていた。

最下段のサイトまでは木製のスロープが設置されていた

いつの間にやらキャンプ場全体がきれいになっていた。最下段のサイトへは木製のスロープが設置され、トイレもリニューアル間近で現在は新トイレの建設中となっていた。

炊事場がきれいになり、東屋にベンチ、テーブルが新調されている

駐車場入口も整備されていた。奥の駐車場は相変わらず泥でぐちゃぐちゃだったが手前は工事中でそのうち舗装されるのだろうか?ウッドチップでも撒いてもらえるとありがたいが、この山奥までウッドチップを運び込むのは大変だろう。

ソロストーブでビール飲みながらウインナーを焼いてみた 陣馬形山で焚き火編

夕飯はウインナーとすき焼き。ソロストーブでウインナーをクルクルしながら飲むビールは絶品。あっという間にウインナーがなくなった。

室温は0~4℃でいったりきたり

夜の外気温はマイナスまで下がっていたと思う。宴会中の幕内はギリギリ0℃を下回らない温度をいったりきたりしていた。ケトルで湯を沸かすと加湿されるのか体感的にも暖かく感じる。

就寝時に花粉症が悪化してきて鼻水が滝のように溢れて、とても寝れる状態ではなかった。休日明けの病院に駆け込み今年の花粉症の薬を処方してもらい事なきを得た。

外にいても平気なときがあるが、何かの拍子に緊張の糸が切れると花粉症が猛威をふるう。酒飲んで焚き火をしている時は集中して楽しんでいるので体が反応しないのだろうか?不思議だ。

就寝時はモンベルのダウンハガー800 #0を使用。普段から家で使って寝ているので使い慣れた寝袋。潜り込んでしばらくするとすぐに暖かさに包まれる。キャンプの時は余分にフリースなどを着て寝るので寝袋が暖まると暑すぎるくらい。

コンフォート温度が-10℃になっているがほんとにそこまで使える気がする。僕の場合は半袖半ズボンで-10℃、更に着込めば-15℃とか-20℃はいけるんんじゃないだろうか?

夜景と星空

とりあえず陣馬形山に来たら山頂からの夜景は楽しみたいところ。今回は三脚を持ってきたので星空を撮ることができた。どんなにいい写真が撮れても自分の目で見た感動には敵わないなと思う。

また年末か来年の寒い時期に訪れたい。

関連記事
陣馬形山キャンプ 2017.11.18
晩秋の陣馬形山キャンプ

2018年も来ているはずだが記事が見当たらず。。。書いてないのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました