真夏のコーヒーツーリング

探索
スポンサーリンク

暑すぎてエアコンがないと寝ていられない夜が続きますね、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近はプライベートに仕事に忙しく、まったくキャンプに出掛けることができていません。

焚き火したくて、なにかを燃やしたくて、煙に燻されたくて仕方ないのですが、日中一歩でもエアコンの効いた部屋から外に踏み出すとそんな気持ちは一瞬で吹っ飛んでしまいますが…

秋の過ごしやすい気候になるまでキャンプはちょっとお休みですかね。

そうは言ってもちょっとくらいは外の空気を吸いたいもので、夕方日が傾くのを見計らっていつもの河原へコーヒーを淹れに行って来ました。

道の途中のキャンプ場では『フェスでもやってんの?』ってぐらいテントがビッシリ建ち、『火事、大丈夫?』ってほど煙が上がってました。

炭火のにおい、焚き火のにおい、うらやましいようなうらやましくないような。

いつものところに到着するとやはり誰もいない。一人だけでこの大自然の静かな雰囲気を独占できるのはたまらない。

軽量装備でイスは石を使った

今日やりたかったのはRSRのアルコールストーブの屋外初おろしでコーヒーを淹れること。風防はソロストーブライトを組み合わせてみた。

ソロストーブライトの中にアルコールストーブを仕込む

風防の効果はまあまあな感じ、ストーブとマグカップの底が離れすぎてしまい熱のロスが多そうだ。ソロストーブ自体の防風効果は大きいので五徳を改善すればさらに使いやすくなりそう。

マグカップ大と小を組み合わせたのでなかなかコンパクトになる。アルコールストーブと燃料ボトルもそのまま中に入るのでのスタッキング性能は高め。

ソロストーブとは五徳が干渉してしまいスタッキング不可。

コーヒー1杯作って1時間ちょっとバイクに乗っただけだったが、久しぶりに外の空気を吸えてリフレッシュができた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました