ファイアグリルとファイアディスクのサイズ比較

焚き火
スポンサーリンク

形状の似たオンウェーのファイアグリルKANAEとコールマンのファイアディスクを比較してみました。

競合の焚き火台

丸型で薄べったい感じの焚き火台って意外と少ないイメージ。

近いのはペトロマックスのファイアボウルとかかな?

形が似ているので自分にしっくり来る方を残してどちらかは売ってしまおうと思ってます。

かなり焚き火台増えてきたので本当のお気にい入だけを残すことに。。。まだまだ検討中です。。。

比較

両方燃やす時間は無かったので、並べて比べるだけ。

ホントは火を入れて燃え方とか燃焼加減とか比較したかったけどそれはまたの機会にでも。

▲上からのビュー

ファイアディスクの方が外径は大きめ。

長い薪が入るのはファイアディスク。

ファイアグリルは長めの薪は苦手そう。

ファイアディスクはロストルがないので焚き火終盤になると灰が溜まって燃焼の効率が落ちる。

ファイアグリルはロストル有りで空気穴が空いているのでそれなりに最後まで燃えてくれそう。

▲高さ比較

結構高さが違う。

椅子の高さや自分の焚き火スタイルにあった焚き火台を選ぶ必要あり。

オンウェーのチェアを持っているならファイアグリルKANAEがしっくりきそうな高さ。

使い勝手とそれぞれ考察

設営の簡単さならファイアディスク1択でしょうね。

ファイアグリルは組立ちょっと面倒だけど独特なフォルムが超魅力的。

結局は趣味の世界の話なので好きな方を使えばいいと思います。

あえてオススメするとすれば、

コスパの良い焚き火台が欲しい → ファイアディスク

設営・撤収を簡単にしたい → ファイアディスク

コールマンが好きだ! → ファイアディスク

人と被りたくない → ファイアグリル

メカメカしさに憧れる → ファイアグリル

オンウェーが好きだ! →ファイアグリル

僕だったらどちらかと言うと、、、、

どっちにも決められないのでしばらく使って答えを出したいと思います。

関連記事

↓ファイアディスクのサイズ比較

【サイズ比較】コールマン ファイアーディスク 気になる大きさの違い【無印とプラス】
2017年のグッドデザイン賞を受賞したコールマンのファイアーディスクを買ってみました。部品点数が少なくシンプルな構成で本体、焼き網、収納袋の3点のみ!?その割には見た目のインパクトもあり、『これは面白そうだな!』と思いすぐ...

↓ファイアディスク レビュー

【レビュー】コールマン ファイアディスク 使い勝手の良いBBQコンロと焚火台
最近のキャンプではコールマンのファイアディスクの使用率が高い。値段が安い割には作りが良く、シンプルな構造で設置から撤収までがとても簡単。ちょっと不満な点はあるはが、手軽さとコスパ抜群な焚き火台。使ってみた感想を書いてみる。...

↓オンウェー ファイアグリルKANAE開封レビュー

オンウェー ファイアグリルKANAE 購入レポート
待ちに待ったオンウェーのファイアグリルが到着 細かいレビュー記事を書きたいが最近忙しいのでまずは簡単なレビュー記事を書いてみる。 製品仕様 製品名 ファイアグリルKANAE メーカー オン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました