SOTO フィールドホッパーL ST-631 A3サイズの折りたたみテーブル

テーブル・チェア
スポンサーリンク

フィールドホッパーL(エルサイズ)の情報が出てきましたね。発売は2020年6月以降とのことです。
SOTOの電子カタログに詳細な仕様が載っているので気になる方は↓からご確認ください。

2020年版 SOTOアウトドア 電子カタログ

仕様

まずはじめに気になるのがノーマルとラージの違い。
どこがどう変わったかを表にしてみたので、気になる点を比較していく。

サイズ

サイズはA4からA3にサイズアップしている。

エルと読むのかラージと読むのか分からないが、当ブログでは個人的な好みから大きい方をラージと表現します

A4とかA3の表現はめっちゃ分かりやすくて良いね。
日常的に手にする書類とかのサイズがだいたいA4なので寸法で何mmとか書かれるより分かりやすい。

ちなみにA3はA4用紙2枚分です。

ということは単純にラージになるとサイズが2倍になるということ!分かりやすい!!

面積が広くなるので当然使いやすくなるが、その弊害として持ち運びが大変になる。ノーマルのフィールドホッパーはバイクツーリングやハイキング、登山などで持ち運びやすいサイズであったが、ラージは人力で持ち運ぶには少し大きそうだ。

高さについてはノーマルとラージで3cmほど差があるので並べて使うと段差ができてしまう。このあたりの使用感は実際に買ったあとにレビューを追加予定。

重さと耐荷重

1番注目しているのが耐荷重が劇的に向上していること。重さがノーマル比で3倍になって本体の重量が1kgを越えているが、耐荷重は6倍以上アップしている。

サイズの件も含めて持ち運びが難しくなっているが、そもそも想定している用途がノーマルとラージでは異なるのだろう。ラージはダッチオーブンなどの重量物でも置けるように設計されているようだ。

ポップアップする機構は共通なようだが、脚の径が太くなったり天板の厚みが増やして剛性のアップを図っていると思われる。どのくらい剛性が上がっているのか早く触って確かめてみたい。

価格

価格もざっくり2倍になってますね。高いけどポップアップのギミックがすごい好きなので絶対買います!

レビュー

発売後にレビューを追記予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました