【熱電対】Amazonの激安4ch温度測定器を買ってみた【温測】

電子機器
スポンサーリンク

Amazon


激安温度測定器

焼肉用の鉄板を購入した時に気になっていたのが、ガス缶の爆発事故である。

鉄板をバーナーで熱し続けると、鉄板からの輻射熱でガス缶が加熱され爆発することがある。夏場のレジャーシーズンの事故ニュースでよく耳にするそれである。

さて、僕が持っているSOTOのCB缶コンロと鉄板の組み合わせで使うと、どのくらい危険なのか気になるところ。CB缶の注意書きを読むと40℃以上になる環境では使うなと書いてある。

まずは、鉄板を乗せて加熱し続けるとコンロとCB缶の温度がどのようにへんかするのかを確認するためAmazonで温度測定器を購入してみた。

Amazonで3500円前後で販売している4chの温度測定器

Amazonで3500円。4chの測定が可能なタイプ。

データロガーと温度センサー(熱電対とかサーモカップルとも言う)が4個セットになっている。

電池カバーを外して、付属の電池を入れる。

付属の電池を入れて準備完了。プラスのネジ止まっているのでドライバーを持っていない人はすぐに使うことができないので注意が必要だ。

付属の温度センサー

非常にちゃっちい感じのセンサー。まぁ、値段が安いので許容範囲か。

こいつが4個ついてくる。

温度センサーの先端

熱電対は「異種金属の接続点に温度が加わると起電力が生じて〜(ゼーベック効果)」みたいなうんちくはWikipediaを参照されたし。

要するに、写真の汚く接合されている部分がこのセンサの肝の部分である。

センサとロガーをつなぐコネクタ

コネクタのクオリティもそれなり。プアな感じがハンパない。

ロガーにセンサを接続する

使い方は超簡単で、コネクタをロガーに挿して電源をいれるだけ。

1chだけつないで電源ON

写真を撮ったのは9月の夕方。室温は20℃後半くらいなので大きく精度はずれてないようだ。

ロガーのボタン達

いろいろ機能があるように見えるが、実際は底まで使わない。USBとつないでロギングしたデータを吐き出せるタイプが欲しかったが予算オーバー。

時間ごとの温度変化を観察したい場合は、人間ロガーで温度変化をタイピングし続けるしかない。それか動画で画面を撮ってサンプリングするのなんかありだと思う。

セ氏表示。単位は「℃」

機能の1つに単位の切り替えができる。たぶん、このセ氏表示しか使わないと思うが。。。

続いて華氏表示。単位は「℉」

「どえふ」の「えふ」は、ドイツの物理学者ガブリエル・ファーレンハイト氏の「F」らしい。Wikipedia

続いてはケルビン表示。単位は「K」

こんな精度の悪いロガーでKとか使ってると物理の先生に怒られそう。この機能は必要あるのだろうか?

単位は「℃」「℉」「K」の3種類で切り替えが可能でした。

バックライト

次の機能はバックライト。ディスプレイが白っぽくなっているのがわかる。暗いところでも使えるメリットがある。たぶん、暗いとこでは使わないけど。。。

ホールド機能

最後にホールド機能。

ホールドボタンを押した時の温度を保持できる。

収納は専用の緩衝材入のポーチがついてくる。

チープ感は否めないが、値段の割にしっかりと温度表示してくれるのですぐに壊れなければ良い買い物だと思う。

次回は鉄板をコンロで炙りながらガス缶の温度がどのように変化するかを観察してみたい。

Amazon | Signstek データーロガー - TC41、4チャンネル Kタイプ熱電対温度計センサー 200~1372°C 20 x 4 電池付き | 温度計 | 産業・研究開発用品 通販
Signstek データーロガー - TC41、4チャンネル Kタイプ熱電対温度計センサー 200~1372°C 20 x 4 電池付きが温度計ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました