モンベル フィールドレザーグローブ キャンプや登山の手の保護に

wear
スポンサーリンク

中古ですがモンベルのフィールドレザーグローブを購入。GRIP SWANYとかかっこよくて憧れるけど値段が高いのでお手頃価格で出品されていたこちらを購入。

いろいろな化学繊維が開発されて機能面でのレザーの優位性は低くなりつつあるが、耐熱や耐久性、質感はまだまだレザーも負けていないと思う。特に、使い込んだときの『味』はレザーにしか出せない。長く大切に使い込むならやっぱりレザーが良い。

商品情報

しなやかさと耐久性を両立した山羊革を全面に使用したグローブです。抜群のフィット感を持ち、ごろつき感が少ない縫製方法を採用しています。使い込むほど手になじみ、フィールドワークやキャンプなどに最適です。丸洗いすることができ、メンテナンスが容易です。

引用元:mont-bell

モンベルのHPから引用。ゴートスキン(羊革)なので柔らかく使いやすい。革のキメが細かく牛や豚革とくらべると上品な質感。

仕様

【素材】山羊革[撥水加工/ウォッシャブル加工]
【平均重量】63g
【カラー】イエローオーカー(YLOC)
【サイズ】XS、S、M、L、XL (男女兼用)
【特長】タッチパネル対応/グローブリーシュ用ループ

引用元:mont-bell

スマホ操作が可能

スマホの操作ができるらしい。今風な仕様だ。いちいちグローブを外さないで操作できるのは楽チンでいいよね。

まだスマホ操作はしていないので、タッチ感はそのうち追記します。

グローブリーシュ用のループ付き

内側にはグローブリーシュ用のループが付いている。縫製が丁寧にされていて好印象。

手に馴染むフィット感

今回はMサイズを購入した。サイズ感はジャスト。柔らかい革で手に馴染むのでフィットしていても窮屈には感じない。更に使い込むことでもっと手に馴染んでくれることを期待して大切に使っていきたい。

薪割りやキャンプ・フィールドワークに使える

フィールドグローブなので外遊びで活躍してくれそう。薪割りや藪こぎなどの手の保護が必要な場面で力を発揮してくれそうだ。

ケガ防止

斧で指を切って6針縫ったことがあるので、手の保護の重要性は痛いほど理解していた。(実際、痛かった。。。)

斧で指を切って6針縫った話
▲ハスク斧と小さい斧で試し切り中使い慣れない道具でケガハスクバーナの手斧を購入し喜び勇んで薪を割っていたところスパッと指を切ってしまった。切ったのは左手の人差し指の第2関節と指の付け根の中間。指は繋がっているし、骨・神経ともに...

指が飛ぶような切断には耐えられないが、前回の切り傷のような怪我はグローブがあれば防げたかもしれないので、斧を使う際は忘れずに使いたい。

ホームセンターの豚革レザーグローブとの比較

ホムセン豚革グローブは500円位で買えて耐久性が高くコスパが良い。昔、車屋でバイトしていたときはタイヤ交換のようなヘビーな作業でもしっかり手の保護をしてくれた。革が厚くてゴロゴロしているので繊細な作業は向かないのが残念だ。革の厚さと作業性はトレードオフと割り切るしかない。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました