ハイランダー アルミGIコット2購入

道具
スポンサーリンク

期間限定のTポイントが余っていたので5000円以下で購入できるキャンプ用品を物色していたところ、以前から気になっていたGIコットを発見

 

3980円+送料、このサイズでは激安なハイランダーのアルミGIコットを買ってみた

 

引用元:ナチュラム

 

GIコットの”GI”ってなに?

買ってから ”GI” の意味が気になって調べみた

アメリカ軍の支給品の折りたたみベットを指すらしい

色々コットの種類があるがこの形のコットをGIコットと呼ぶらしい

 

Galvanized Iron の略とされる(Government Issue:官給品、General Infantry:一般歩兵連隊の略とも)。アメリカ軍の物流では亜鉛めっき板製品を示すのに”G.I.”の文字が使われた。

参考:Wikipedia

 

仕様

項目 詳細 コメント
生地素材 600Dポリエステル(シングル) △寝てみると薄く感じる
フレーム素材 アルミ(※一部補強にスチール) ◎アルミで軽量
本体サイズ W190×D66×H42(cm) ◯広々
収納サイズ 15×15×95cm 結構大きい
重量 5.7kg
耐荷重 80kg
価格 3,980円+送料

参考元:ナチュラム

組立

組み立てた感想は、面倒。。。

キャンプの設営・撤収にあまり労力を割きたくない方なので、このコットは僕の感覚からすると手間が多く面倒に感じた

 

あとフレームのアルミのバリが多く、組み立て後に床掃除必須になるので最初の組立は屋外で行うことをオススメする

 

※ノースイーグルのコットと組立やすさを比べたため一緒に写っています

 

▼収納袋から取り出した状態

 

▼本体とサイドバーが2個 合計3部品の構成

 

▼展開していくとこのような状態になる、左右の足を広げる

※奥の写真はノースイーグルのストロングスリムベッド

 

▼左右の脚を270°展開

 

▼横方向に広げる

 

▼裏返してサイドバーを入れて、サイドバーの位置決めのための凸凹があるのそこにはめ込む

ちょっと力がいるがコツを掴めば難しくは無い

 

▼完成!(手前:GIコット 奥:ストロングスリムベッド)

 

使用感

寝てみた感じは長さが190cm幅60cm以上あるため広々快適

高さが45cmありイスや物を置いておくのにもちょうどよいサイズ

地面からの距離も十分にあり底冷え対策は申し分なし

 

耐荷重80kgとなっていたが結構しっかりしていて仕様以上の耐久性はありそう

 

コットはどれもそうだけど、高いマットレスのように体圧分散がされないので、お尻と背中の間にある腰の部分に隙間ができてしまう

僕はその隙間のせいで腰が痛くなるタイプなのでコット+インフレーターマットを使って腰への負担を減らす使い方をします

この辺は好みの問題なのでアレンジは人それぞれですね

 

 

シートの擦れ音が気になる

寝返りを打ったときのシートの音が気になる(バリバリ?キュッキュ?)が気になる

ノースイーグルのストロングスリムベッドは上下のサイドバーが無い代わりに生地の裏側に補強がされているし、生地の厚みが違うので寝返り音は殆どない

比べるてみるとハイランダーの方が生地が薄いためそれが原因だろうか?

 

▼手前:GIコット 奥:ストロングスリムベッド

 

これも好みだと思うので、気にならない人は気にならない部分でしょう

僕はちょっと気になってしまう。。。

 

片付け

片付けは、組立以上に面倒。。。。

シートを畳む向きを間違えると折りたためない

新品で購入したらどのように畳まれていたか確認しながら組み立てることを強くオススメする

 

▼サイドポールを抜き、折りたたむ

ここまでは簡単だが、シートのたたむ向きを脚側に出すか反対側にするかで折り畳めなくなるので注意

写真は正解、中央の脚と反対側にシートが来るように畳む

 

▼左右の脚を折りたたむ

ここでも注意点、、、

中央の脚のマジックテープを上として左右の脚がシートの上側にくるように折りたたむ

左右の脚を完全に折りたたみ、中央で折りたたむと収納時の状態が見えてくる

 

 

▼マジックテープでぐるっと固定

前の写真でマジックテープを下側にして左右の脚を折ると、この工程のまとめる作業ができなくなるので注意

 

 

感想

GIコットはネームバリューのあるコットであるが初めて使ってみた感想はイマイチ

組立が面倒。

同等のスペックでもっと簡単に組み立てできる折りたたみコットがあるので僕はそちらを使う

 

値段が安いのそこまで不満ではないが、初回組立時はアルミのバリとゴミが多い

ここは値段相応なので割り切れる部分

 

まとめ

メリット・デメリットはこんな感じ

  •  メリット
    • 安い(3,980円+送料680円)
    • アルミで軽量(スチールコット比)
  • デメリット
    • 組立面倒
    • シートの擦れ音が気になる
    • アルミのバリと細かなゴミが気になる

 

■オススメな人

価格を抑えたく組立が多少煩雑でも気にならない人にオススメ!

組立・撤収はできるだけ簡単に!という方は折りたたみ式のコットがオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました