梅雨でキャンプに行けないので家の中でスタンモックの寝心地を検証

寝具
スポンサーリンク

先日購入したモンベルのスタンモック。ハンモックで一晩寝たことがないので寝心地が気になる。ネットで調べると「腰痛持ちの人に良い」とか「とても快適!!!」みたいなレビューを見かけるが実際はどうなのだろうか?

モンベルのスタンモックで色々と試して寝てみたので結果をレビューする。

 

 

ハンモックの種類

一口にハンモックと言ってもいくつか種類がある。ざっくり次の2種類に分類されるのではないだろうか。パラシュート生地でクルンと包まれて長細くなるタイプとハンモックの両端にバーが入っていてハンモックのシート面が広くなるタイプ。

 

パラシュート生地で包まれるタイプを実際に使ったことがある。良い感じ体圧分散され揺れても酔いにくいように思う。包まれてしまうので一見窮屈そうに思えるが、包まれる安心感でとてもリックスできる。

▼このタイプがパラシュート生地のハンモック

 

次にハンモックの両端にバーが入っているタイプは、モンベルのスタンモックのような感じのやつである。これのメリットはシート面を広く使え開放感があること。逆にデメリットは揺れ止めで固定をしておかないと酔いやすい(酔やすさは個人差あり)。あとシート面がピンと張ってしまうため腰に負担がかかりやすい。生地によってはパラシュート生地のように伸縮せず体に沿わないため、硬い床で寝ているように感じてしまうこともある。

敷物がないと硬い

上のハンモックの種類で書いたが何も敷かない状態でスタンモックに寝ると硬い感じがする。床に直接寝ているような感じで、体圧が分散されず腰に負担が掛かっている。

体型などによるのだろうが、僕の場合は一晩ハンモックに直接寝るのは厳しいと感じた。ちょっと休憩でゴロゴロするには良いかもしれない。

▼敷物無しの状態

スタンモック ハンモック

 

サーマレストマットを敷くと少し快適

次にサーマレストのzliteを敷いてみた。

クッション性があるため思ったより良かった。クッションが体に沿うので腰への負担が少ない。また、断熱性が高いので自分の体温で背中がポカポカする。夏の熱帯夜意外ならありだと思う。

パラシュート生地だと背中側の風通しが良すぎて寒いこともある。スタンモックの生地はパラシュート生地と比べると厚めだが風が通ると背中は寒いはずだ。

▼サーマレストを敷いた状態

 

ニトリのNクール掛け布団を敷くとまあまあ快適

普段使っているニトリのNクール掛け布団を敷いてみた。(夏はヒンヤリしてとても気持ちい布団。昨年導入して意外なアタリ商品だった)

サーマレストと比べると厚みがありクッション性は高い。また幅が広くなってゴロゴロと動き回れる範囲が増え快適。

 

▼夏用寝袋に入って寝てみた

身長175cmくらいまでなら長さ的に余裕あり。180cmを超えると前後に動ける範囲が狭くなりベストポジションを見つけることが難しそう。このハンモックは背が小さい人ほどお気に入りのポジションを選びやすい。

厚手の長座布団を敷くと超快適!朝まで熟睡

クッション性の高い厚手の長座布団と枕を導入した。ほとんどベッドで寝るのと変わらない状態になってしまった。。。。

ここまですると腰の違和感とか体圧分散は全く気にならない。横になって目を閉じるとスッと眠りに落ちていた。しかも朝まで熟睡。

寝返りで落下することもなく上手いこと寝ていたようだ。

 

▼長座布団と枕を追加

 

感想

一晩寝てみて分かったこと

  • なにも敷かないと一晩寝るのは厳しい
  • それなりの装備なら普段寝ているときと同等の快適さ
  • どこか痛くなると思っていたが朝起きたときの体の痛みが皆無だった
  • 体が「くの字」に曲がって違和感あった → 寝てしまうとそうでもなかった。慣れだね。

快適に寝れるのは分かったが布団と枕を持ってキャンプに出掛けるかは疑問。寝心地を気にしないちびっこには最高の寝床だと思う。蚊帳をつければ秘密基地感がでてワクワクするしね!

スタンモックが1軍入りするかは実地で使ってみて決めようと思う。期待してたけどサイズがでかすぎるのが玉に瑕。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました