Coleman パーティーシェードを一人で建ててみた 気になる設営時間は?

Coleman パーティーシェード組立 道具
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

GWの青木湖キャンプで友人たちと別々で集合したところ一人だけ1時間以上早く着いてしまった。サイトは日陰もなく照りつける太陽の日差しが激アツだったため、メンバーの集合を待たずに一人でパーティーシェードを組み立てることに。

 

2018年新商品のパーティーシェードDXの記事を以前書いたが、僕が持っているのは旧型で組立の難易度が高いと思っていた。実際に一人で立てたことがなくできるか不安があった。

※この記事で紹介している旧型は生産中止です。新しく購入する場合は↓で紹介している新型がオススメ

Coleman パーティーシェード比較 DXバージョンとシェード機能強化のプラスが追加
グルキャンではコールマンのパーティーシェードが活躍するタープやスクリーンタープも便利だが、多人数で日陰に入りたいときやコットを中に入れてそのまま寝ることができるのも便利天井の高さと接地面積の広さからくる開放感は他のタープや...

 

結論から言うと、パーティーシェード360一人で30分以内で組立可能です。

先週もキャンプで組み立ていて要領は分かっていたので20分ほどで幕を掛けるところまでできた。

 

▼フレームを袋から取り出しジョイントする。壁フレームは円形に、天井フレームは中央に配置。位置決めの紐を四角く置き、四隅に土台のプラスチック部品を配置する。

 

▼写真ではいきなりフレームが立っているが、順番にプラスチックの土台にフレーム差し込んでいく。紐で土台のプラスチックをつなげているのでフレームを差し込むといい感じにテンションが掛かり、フレームを2面分組み立てれば自立する。写真は4面のフレームが自立している状態。

 

▼天井フレームを取り付ける。これも必死だったので写真を撮る余裕がなく完成形。黒いフレームを1箇所に差し込み、手で落下しないように支えながら反対側も差し込む。これでかなり安定する。最後に緑色のポールで天井フレームと壁フレームをつなぐと完成。

 

▼幕を端の方から被せていく。これも思ったより難しくはない。日陰が完成!!!風が抜けて心地よい。

▼幕の固定はフックとベルクロ。一辺に5箇所くらいベルクロがついているのでかなりしっかり固定できる。

 

 

▼夜は壁を取り付けてプライバシーの確保と風よけとして使える。張り綱も取り付け出来るのでちょっとした風なら耐えてくれる。ハイコットを入れても広々した窮屈感がなく良い感じ。

 

 

収納寸法も大きく重い商品ではあるがそれをカバーしてくれる快適さがある。それにオプションのサイドウォールを購入しても3万円以下とサイズの割には値段も控えめなところが良い。チャンスがあれば新型のDXに買い替えたいがなかなか難しいだろうな。。。

 

 

 

 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました